特集 連載&レビュー プロフィール 演奏会&チケット情報 後援会 ディスコグラフィ レッスン・帰国スケジュール 更新履歴 お問い合わせ トップページに戻る
     
     
 
 

特集連載&レヴュープロフィール
演奏会後援会ディスコグラフティー
レッスン/スケジュール更新履歴
トップページへ戻る

  プロフィール Profile
 


 1956年に生まれ、4歳よりピアノを始める。桐朋学園音楽学部ピアノ科卒業。この間、三浦浩、御木本澄子、高良芳枝、安川加壽子の各氏に師事。
 1978年、フランス政府給費留学生として、パリ国立高等音楽院に留学、ピアノをイヴォンヌ・ロリオ、室内楽をモーリス・クリュット、ブルーノ・パスキエの各氏に師事し、1981年にピアノ科、1982年に室内楽科をそれぞれ一等賞を得て卒業。
 1982年には、パリ・エコール・ノルマル音楽院に在籍し、審査員全員一致で演奏家資格を得る。さらに、ジェルメーヌ・ムニエ、ヴラド・ペルルミュテール、ゲオルギー・シェベック、ヴラディミール・ホルボフスキーの各氏について研鑽を積む。
  1982年から1984年にかけて、ヴィオッティ、カタンツァーロ、パリ国際室内楽他の国際コンクールに上位入賞、また1989年にはローマ、アヴェンティーノ音楽祭にて最優秀演奏賞を受ける。

 1984年より、パリを拠点とし、内外で演奏活動を行っている。 これまでに、パリ・シャンゼリゼ劇場、及びサル・カヴォー、東京・紀尾井ホール、ロンドン・セントジョンズ、ローマ・テアトロギオーネなど世界各地の主要ホールでのリサイタルの他、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、ポーランド国立クラクフ交響楽団、ザルツブルク室内管弦楽団、ベルリン室内合奏団などと共演。  
 室内楽の分野では、ウィーン弦楽四重奏団、ザルツブルク・モーツァルテウム四重奏団、またピエール・アモワイヤル、ヴァレリー・オイストラフ、ダニエル・グロギュラン、ブルーノ・パスキエの各氏らと、欧州各国及び日本で定期的に共演している。  
 外務省、国際交流基金の派遣で、中南米諸国、北アフリカにも演奏旅行を行い、日本文化週間等の催しに参加する他、ユネスコ及び国際ロータリーの招待に応じ、慈善演奏会を米国、フランス、アルゼンチン他の各国で行っている。  
              
 1996年より、バルセロナ・カレーロ音楽院教授。イタリア、スペイン、ポルトガル、韓国及び日本国内でも、公開講座、夏期講習の指導を行う。さらに1998年からは定期的に米国に招かれ、演奏会の他、ハートフォード、南イリノイの各大学で公開講座を行っている。               
 また近年、ロンドン、ポルト、メシアン(パリ)、セニガリア、イブラ等の国際コンクールの審査員として招聘され、仙台国際音楽コンクールの運営委員を、2001年の同コンクールの創立以来つとめている。

 これまでに、バッハからメシアンまでのレパートリーを収めたCDがフランスと日本で上梓されているが、この度スイス・ガロ社よりダニエル・グロギュラン(チェロ)との共演の録音が発表された。

 

FRENCH ENGLISH

 

  お問い合わせ Information

Copyright(c)2001 Jun Kanno. All right reserved.
当サイトにおける全てのコンテンツの無断転用・転載を禁じます。